ファッションを学ぶ上でまず最初に覚えておいて欲しいこと

あなたは洋服をコーディネートする時、
まず最初に何を考えますか?

 

色の合わせ、サイジング、全体的なバランス。

 

もちろん大事な事です。

 

ですが最初に考えるべき事はTPOです。

 

TPOについて

TPOとは時と場所、
場合に応じた服装が出来ているかどうかという意味です。

 

初デートに行く服装、
パーティーに行く服装、目上の人に会いに行く服装、
など、シチュエーションによって
コーディネートを分ける必要があります。

 

当たり前と思うかもしれませんが
意外と出来ていない人が多いんです。

 

僕が仕事でスタイリングをする時、
一番最初に打ち合わせで話す事がこのTPOです。

 

そこからイメージを膨らませてコーディネートを完成させていきます。

 

この人はデート用のオシャレをしたいのかな?

  • デートで行く場所は遊園地?
  • ドライブ?
  • キャンプ?

 

この人は仕事用のオシャレをしたいのかな?

  • 上司と食事に行く?
  • 取引先の人と商談に行く?
  • 大事なプレゼン用?

 

など、その人の状況をしっかりと聞いてから、
コーディネートをしていきます。

 

TPOに合わせる事で、
その人がその時、最も輝けるコーディネートができるからです。

 

今後、あなたが着る服をコーディネートする時はまず、
"TPOに合わせる"ということを意識してみてください。

 

 

自分の”コンプレックスを生かす”コーディネート

体型や輪郭など誰にもコンプレックスはあるものです。

 

例えば(僕もそうなんですが)身長が低い。

 

顔が大きい、なで肩、老けてみえる、など色々な悩みがあります。

 

でもそれは着る服によってカバーする事ができるし、
逆にそのコンプレックスを活かして
格好よくコーディネートする事だって可能です。

 

僕は数多くの人をコーディネートさせてもらっているうちに
その人の特徴を活かし、何が似合うのかを判断出来る能力を身につける事ができました。

 

もちろんコンプレックスをカバーするスタイリングも出来ますが、
無理やり隠そうとすればコーディネートのバランスが悪くなり
余計目立ってしまいやすくなります。

 

一番は、コンプレックスを無理やり隠すのではなく、
全体のバランスを意識してコーディネートをするのがいいと思っています。

 

例えば、足が短い、背が小さい、といった理由で、
サルエルパンツ(股上が深いパンツ)が苦手と言う人が多いです。

 

サルエルパンツはどうしても股上が深い分、人の目線は下にいってしまいます。

 

そこでそれを回避する方法として、トップスを重ね着きにしたり、
柄シャツやボーダーのトップスを着ることによって
人の目線を上に持ってこさせる事ができます。

 

とういうように、コンプレックスを活かして
コーディネートすることなんていくらでも出来るのです。

 

ちなみにサルエルパンツは
元々民族衣装から生まれたアイテムなので
エスニック系のアイテムがとても相性が良いです。(ただし無地に限る)

 

せっかくなので2つ程、参考例をあげておきますね。


参照元:http://bit.ly/2AQcVfE

 


参照元:http://bit.ly/2A1iRVV

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)