「千鳥格子とグレンチェック」のコートを使って冬のオシャレを楽しもう

冬の主役といえばコートなどのアウターですね。

 

コートってどうしてもコーディネートに無難な、
暗めの色を選びがちです。

 

僕もクローゼットの中に入っているコート類は、
黒やネイビーが8割をしめています。

 

しかし、たまにはチェック柄のコートなどで、
遊び心のあるコーディネートもしたくなる時もあります。

 

そういう時ってありません?(笑)

 

そこで今回は、今年のトレンドになっている
千鳥格子柄やグレンチェックを使った
コーディネートをご紹介していきたいと思います。

 

千鳥格子

主に黒・白で構成される格子縞。
この柄が鳥が飛ぶように見えることから
「千鳥格子」と呼ばれています。

引用元:http://bit.ly/1a9p0h1

 

小さな格子が集まって大きな格子を構成した柄。 

 

千鳥格子やごく小さな格子など、四種の単位模様を規則的に並べ,
別色の一本の格子を重ねたものをいいます。

引用元:http://bit.ly/2Bc0qdt

 

無地のインナーとボトムを合わせる

二つともインパクトのあるアイテムなので
他は落ち着いたものでまとめてあげましょう。

 

インナーは基本的に無地のアイテムを入れる事をおすすめします。

 

小さくワンポイントが入ったアイテムはアクセントになるのでOKです。

 

色合いは明るめの赤やモスグリーン、
ボルドーなどで合わせると、お洒落度が格段にあがります。

引用元:http://bit.ly/2A8eo3s

引用元:http://bit.ly/2n3LYCg

 

柄物を使ったアイテムを着る時は間に一つ洋服を挟む

柄物を着て千鳥格子やグレンチェックを着てしまうと、
うるさいコーディネートになってしまいます。

 

バランスをとるため、間に一つアイテムを挟むと良いでしょう。

 

例えばボーダーのカットソーを使用する場合、
上からパーカーやカーディガンを着ると、
うまく中和してまとまり感が出ます。

引用元:http://bit.ly/2Avbrul

 

僕がお仕事で携わらせていただいた
片寄良太さんのコーディネートを例に出させていただきました。

 

 

定番のチェスターコートがお勧め

どのタイプのコートを買うか悩んだ時は
チェスターコートをおすすめします。

メインとなるアイテムなので
体全体に柄を主張して主役感を出しましょう。

チェスターコートはお尻まで丈の長さがあるので
冬には防寒対策にもなり、一石二鳥です。

引用元:http://bit.ly/2k0Tixz

千鳥格子ウールチェスターコートエディフィス(EDIFICE)
27,000円(税込)

 

引用元:http://bit.ly/2A5aJTC

ウールブレンドグレンチェックチェスターコート
\12,960円(税込)

 

 

パンツによってイメージをガラリと変える事が出来る

千鳥格子やグレンチェックなどのコートは
フォーマルなアイテムの為、
カジュアルの物と合わせにくく感じられます。

 

しかし実は、相性抜群なのです。

 

例えばデニムを合わせると、
うまく抜け感を作り出すことができます。

逆に太めのスラックスで合わせると、モード感を演出できます。

引用元:http://bit.ly/2AvWLLE

 

引用元:http://bit.ly/2znbDaI

 

まとめ

  • おすすめはチェスターコート
  • 無地のアイテムと合わせる
  • パンツを変えてカジュアルとモードを使い分ける

 

あなたのクローゼットに千鳥格子や
グレンチェックのアイテムを追加して
冬のコーディネートを楽しんでみてはいかがですか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)