正しい革靴の選び方「3つの基本型」

お洒落は足元からという言葉をよく耳にするように、
靴は全体の服のバランスを印象づけるアイテムの一つでもあります。

 

頭からパンツまでのコーディネートがうまく出来ていても、
靴があっていないと、なんか惜しいな…
って見る人にマイナスイメージを与えてしまいます。

 

特に革靴。

 

カジュアルなスニーカーに比べて、
合う合わないが顕著に表れるアイテムです。

 

足の形に合ってないモノを選んでしまうと、
窮屈そうに見えてしまい、
靴に履かれてしまっている印象になります。

 

なにより履いているあなたが、
靴擦れをしてしまったり、
足にタコが出来て痛い思いをしてしまいます。

引用元:http://bit.ly/2mw4NxQ

 

革靴を選ぶ時、一番大事なのは、
足の形にあったものであるかということ。

 

足の形のタイプは大きくわけて三種類あります。

 

 

エジプト型

引用元:http://bit.ly/2ALBwRW

 

日本人に最も多いとされているのがこのエジプト型で、
約7割の人がこの形をしています。

 

特徴としては、親指がもっとも長いタイプの形をしています。

 

親指が長いために靴の先で圧迫されしてしまい、
これが原因で外反母趾のなってしまう事が良くあります。

 

エジプト型の足に最も相性が良いとされるのが、
オブリークトゥタイプの革靴です。

引用元:http://bit.ly/2mYHCMy

 

オブリークは斜めという意味で、
つま先が斜めにカットされている形の靴です。

 

親指部分が最も長く、斜めにカットされているので
エジプト型との相性は抜群です。

 

 

ギリシャ型

引用元:http://bit.ly/2ALBwRW

 

日本人の2割の人がこのギリシャ型。
特徴は人差し指が最も長いことです。

 

人差し指が長いため、合っていない靴を履いていると、
つま先が圧迫され、摩擦によってタコが出来たり、
指の腹に魚の目が出来てしまったりします。

 

これが原因で足の指が折れ曲がったままの状態になる、
ハンマートゥになってしまうと言われています。

 

引用元:http://bit.ly/2jxk2oR

 

僕の足は、このタイプに当てはまります。
靴の選び方を知らない時は何度もこの症状に悩まされました…

 

ギリシャ型の足に相性が良いのはラウンドトゥタイプの革靴です。

 

引用元:http://bit.ly/2A3zbp0

 

ラウンドトゥは足の中心部分にかけて丸みを帯びているので、
中指にも余裕が出来て綺麗な履きこなしが出来ます。

 

ラウンドトゥの革靴は
カジュアルにもモードにも幅広くコーディネート出来る優れものです。

 

丸みが緩やかになるほどカジュアルなコーディネートが出来きます。

 

 

スクエア型

引用元:http://bit.ly/2AKCLRg

 

親指、人差し指、中指がほぼ同じ長さで形状されている形をスクエア型と言います。

 

日本人ではかなり珍しいタイプで1割程度しか居ないと言われています。

 

指の長さがほぼ同じなので、外反母趾にはなりにくいのですが、
つま先がとんがっている靴を履いてしまうと
足の指全体が締め付けられ、両端の指に負担が掛かかって
魚の目やタコなどが出来てしまいます。

 

スクエア型に相性が良いのが、
スクエアトゥというタイプの革靴です。

 

名前が同じ(笑)

 

引用元:http://bit.ly/2hwSFaA

 

トゥの先が四角い形状になっているので、
これこそスクエア型の人にピッタリのものと言えます。

 

 

まとめ

  • エジプト型=オブリークトゥタイプの革靴
  • ギリシャ型=ラウンドトゥタイプの革靴
  • スクエア型=スクエアトゥタイプの革靴

 

これまで足の形を意識しないで革靴を選んでいた場合は、
この「3つの基本型」に沿って選ぶと良いでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)