ワンランク上の”男のオシャレ”が身につく!「抜け感」を作るたった3つのコツとは?

「抜け感」とは
きっちりとした完璧なオシャレではなく、
何処かに遊び心を加えることを指します。

 

カジュアルな要素を取り入れる、
カジュアルダウンさせてバランスを取るという事ですね。

 

きっちりしすぎていると、堅苦しく、
どこか近寄りがたいイメージになってしまいます。

 

特にプライベートで遊びに行く時などは、
この「抜け感」が重要なポイントになってきます。

 

そこで今回、
ワンランク上の"男のオシャレ"が身につく!
「抜け感」を作るたった3つのコツとは?

についてお話していきたいと思います。

 

 

①肌見せテクニック

  • ロールアップして足首を見せる
  • 腕まくりをして手首を見せる
  • 首元を見せる

 

この3つののうち、
どれか一つを取り入れるだけで、
抜け感を作り出せます。
(あくまでどれか一つ)

 

この中で、一番簡単なのが足元の抜け感です。

 

(良例)

参照元:https://clubd.co.jp/wp/post-24937

 

(悪例)

参照元:https://clubd.co.jp/wp/post-18638 

 

二つの写真を見比べてみてください。

 

ロールアップしてる写真(上)の方が軽やかな印象を持ちませんか?

 

パンツをロールアップして抜け感を作る事により、
キッチリとした雰囲気の中に隙を作れ、綺麗なバランスが生まれます。

 

また、肌を少し見せる事によって
セクシーな雰囲気も生まれますので一石二鳥です。

 

 

②スニーカーで外して抜け感を生み出す

例えば、オシャレに慣れていない人が
ジャケパンスタイルに革靴を合わせると
大抵の場合、重たい印象になってしまいます。

 

そこで革靴ではなく、
スニーカーに変える事でオシャレ初心者でも簡単に
「抜け感」を生み出せます。

 

黒や紺などの暗めの色でコーディネートする場合は
足元は明るい色を取り入れてあげるのがいいです。

 

ただし、黒系のスタイリングで足元だけ真っ白のスニーカーはNGです。
(紺系の服には真っ白でもOK)

 

それだと「抜け感」ではなく、足元だけ浮いた
ダサコーデになってしまうからです。

 

合わせ方の基本として、
黒系のアイテムには白ではなく、
白ベースに色味が入った水色などを合わせます。
(紺系の服には白でもOK)

 

(良例)

参照元:https://clubd.co.jp/wp/post-22471

 

 

③差し色で抜け感を作る

秋冬はどうしてもコーディネートが重くなりがちです。

 

そこで大事なのが差し色を加えるテクニックです。

 

これを覚える事で、
ワンランク上のコーディネートが出来るようになります。

 

例えば、色味が入ってるマフラーやスカーフを身に着けたり、
色味が入っている帽子やバックを取り入れます。

 

また、チェックのシャツを腰巻きしたりするだけでも
十分差し色になって、抜け感を出せます。

 

それから、ちょっと上級者向けになりますが、
ニットの下に白シャツを着てチラっと襟元だけ見せる
というテクニックもあります。

 

これ、とてもオシャレに抜け感を出せるので
慣れてきたら、ぜひ試してみてください。

 

(良例)

 

参照元:http://www.thesartorialist.com/photos/on-the-street-velvet-collar-coat-nyc/

 

参照元:https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/09/b220_black-225×450.jpg

 

参照元:https://clubd.co.jp/wp/wp-content/uploads/2015/09/b220_black-225×450.jpg

 

 

まとめ

  1. 肌見せテクニック
  2. スニーカーで外して抜け感を生み出す
  3. 差し色で抜け感を作る

 

以上の三点を意識して「抜け感」を出しましょう。

 

ただし、やりすぎてしまうと抜け感ではなく、
ダサコーデになってしまいますので、
あくまでもさりげなさを忘れずにコーディネートしてみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)