ユニクロのブラックデニムで「大人の男」を演出しよう

ユニクロのブラックデニムをオシャレに履きこなそう
Ryo

日本人は胴長短足の人が多く、カジュアル一辺倒のコーディネートにもっていくとどうしても子供っぽい印象になってしまいます。

カジュアルってシルエット的にラフなものが多くてどうしても大人っぽく見せるのが難しいスタイルでもあります。

 

それでもカジュアルアイテムは
気軽に着られて丈夫な素材で作られているものも多いし、
安くて汎用性の高いアイテムが揃っているから選択肢からははずせませんよね。

 

そういう時に便利なアイテムがブラックデニム。

ユニクロのブラックデニムコーディネート

 ユニクロのカジュアルなブルーデニムを

このようにブルーデニムのカジュアルっぽさに対して
ブラックデニムはクールでシックな雰囲気が出て大人っぽく洗練された印象になります。

 

また、黒には引き締めと縦長に見せる効果もあるので体型のカバーもでき、
体型に自信が持てない人でもスタイリッシュなコーディネートがしやすいのもメリットの1つ
です。

 

 また、最近ではシンプルでシャープなシルエットの
大人っぽいスタイルも流行っているので一本持っていると、
コーディネートのバリエーションをかなり増やすことが出来るので、
毎日のスタイリングにも重宝します。

 

ブラックデニムを選ぶ時は、太めのラインを選ぶよりも、細身のラインを選ぶのがオススメです。

 

というのも、前述しました引き締めと縦長の黒という
カラーの利点を最大に活かせるシルエットが細身のラインだからです。

 

コーディネートの幅も広がり重宝するアイテムのブラックデニム。

 

その中でオススメのモノを幾つかご紹介させていただきます。

 

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

ユニクロのストレッチセルビッジスリムフィットジーンズ

参照元:http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/400130-09

¥3,990+消費税

 

ジーンズといえば生地がゴワゴワして硬いというイメージがありますよね。

 

特にリジットデニム(洗い加工がされていない色の濃いデニム)
となればさらに硬くて履き心地最悪。。と思いがち。ですが、
ユニクロのこのジーンズはデニム素材にたっぷりのストレッチ性を持たせる事により、
新品の状態でも十分に履き心地が良く、
履きこむほどに自分の足に馴染んできて最高のフィット感を得られます。

 

しっかり本格的なデニムなのに買ったその日から
ストレスのない快適な穿き心地でアクティブに動きなどにも対応できる、おすすめの一本です。

 

ユニクロのジーンズはこのシルエット以外にも
コーディネートや好みに合わせて選べる豊富な形のバリエーションがあるのも嬉しいですね。

 

それから常に検証を重ねグレードアップさせているので
シルエットやデザインがどんどん良い商品が生まれています。

 

また、世界の名立たるデニムブランドも認めた
日本のカイハラ社のデニムを使うなど、素材へのこだわりも半端がありません。

 

このお値段でこのクオリティはかなりお買い得です。

 

チープマンデー ブラックスリムデニムパンツ

チープマンデー ブラックスリムデニムパンツ

¥9,720税込

 

2019年に惜しまれながれブランドが終了してしまったCHEAP MONDAY。

 

日本ブランドにはないシャープで美しいシルエットがいまだ人気です。

 

縫製後に後染めしている為、通常のブラックデニムに比べて渋みがあり、
微妙に意図的な個体差があるので、それぞれの個性がある独特のカッコよ良さ出すことが出来ます。

 

こだわりのシルエットや、
もうすぐ手に入らなくなるかも知れない希少性など、
ワンランク上のブラックデニムで周りと差をつけたい。

 

という人にお勧めの一本。

 

かなりの細身ですが、心配ありまん。

 

こちらもストレッチ素材が使用されており、
履き心地はもちろん、履いた時に綺麗なシルエットを演出してくれます。

 

UNITED TOKYO リジットテーパードスキニーデニム

UNITED TOKYO リジットテーパードスキニーデニム

¥8,100税込

 

 デニムパンツというのは定番アイテムです。

 

定番だからこそ、とんがったデザイン性は必要ないのです。

 

見た目の形状や何か他と違った付属品をつける事だけがデザインではありません。

 

このUNITED TOKYOのリジットテーパードスキニーデニムは一見定番の普通のデニム。

 

ですが、デザインが随所に散りばめられたデザイン満載のアイテムなのです。

 

生地には品質の高い国産デニムを贅沢に使用し、
腰回りは程よいルーズ感を持たせながら、
裾に向かって緩やかにテーパードしてトレンド感と
大人っぽいシルエットを作るパターンで仕立てられています。

 

細かなディテールにも手抜かりがなく、
バックポケットや腰の切り替え部分が少し高めに作られていて、
脚長効果にも抜群の一本。

 

更にスキニーには珍しく、股上が深い作りになっており、とても履きやすいのがGOODです!

 

光沢感のある特殊な糸を使用していて、
ハイブランドにも引けを取らない技術を駆使して作られているので
高級感があり、上品なコーディネートが出来ます。

 

ちなみに僕も、仕事の撮影で良く使わせていただいてるデニムの一つです。

 

JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョンローレンスサリバン)のテーパードデニムパンツ

UNITED TOKYO リジットテーパードスキニーデニム

¥24,840税込

 

シンプルなディテールで無駄を一切省いた作りが特徴のジョンローレンスサリバンのブラックデニム。

 

 技術がものをいうメンズテーラード。

 

そのメンズテーラードの技術を
得意とするブランドが発信するデニムパンツ

シルエットと履き心地が悪いはずがありません。

 

カジュアルの定番の真ん中にあるデニムパンツをテーラードの技術でドレスの位置まで昇華させています。

 

素材とパターンのバランスが見事にマッチングしており、
エレガントなシルエットを生み出してくれること間違い無しの一本です。

 

 まさに大人のデニムパンツです。

 

サリバンのテーパードパンツは僕も良く履いているんですけど、
太ももが太い人でもシルエットを綺麗に見せてくれて、
履き込んだ時の色落ち感もたまらなく良く、経年変化を楽しめます。

 

1年以上履き込んで味が出たジーンズ

ちなみに1年以上履き込むとこんな感じになります。
 履いてるうちに自分の形に馴染んでくれるのでお勧めの一本です。

 

購入のポイント

選ぶ時のポイントですが、
一見同じに見えても素材感や履き心地がブランドにより
大きく違うのもデニムパンツの特徴のひとつです。

 

また、洗濯後の収縮率も大きい特徴があります。

 

購入の際には必ず試着の上、
スタッフの人に、洗濯するとどれぐらい縮むのかを確認すると良いと思います。

 

例えば、すっきりタイトに履きたい場合、
新品の状態で試着した時ピッタリだとしても
洗濯後縮んでキツくなって思った感じにならないこともあります。

(ただし履いていればもとに戻ります。)

 

この様に、
自分がどんな感じで履きたいのかというイメージを
明確にしておくと間違いのないものを購入できます。

 

デニムパンツは定番だからこそ、
ブランドそれぞれのこだわりと持てる技術を
最大限に詰め込んで作っています。

 

また、常に店頭に並べて長く販売していくブランドの
看板的なアイテムだけに変なものは出せないのです。

 

良くないとブランドの価値が下がってしまいますからね。

 

誤魔化しの効かないアイテムでもあるのです。

 

ブランドの商品作りに対するポリシーや姿勢がわかるので、
その他の商品も信頼出来るかを測るバロメータにもなり、
いろいろ注意して見てみると面白いものです。

 

まとめ

今回はブラックデニムについて紹介してきました。

 

何気なく選んで、
さりげなく履いていたブラックデニムが実は
とても奥深いアイテムだという事がわかってもらえたかと思います。

 

インディゴより注目度は低いですが、
ブラックデニムは色落ち具合にもよりますが、
様々なコーディネートに応用でき、ドレッシーなキレイめスタイルから、
ストリート寄りのカジュアルスタイルまで
スタイリングのバリエーションを無限に広げてくれます。

 

1本は持っておくと良いアイテムの1つですね。

 

Ryo

ではまた。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)