高身長の人が失敗しない服選びの3つの鉄則!

高身長の人が失敗しない服選びの3つの鉄則!
Ryo

どうも、Ryoです。

男女問わず、高身長の人は、周りから羨ましがられる傾向が強いです。

 

僕は低身長(166cm)の部類の人間なので
身長の高い人を見ると、
とても羨ましい気持ちになります。

 

低身長の人に比べ、
高身長の人は着こなせる服のバリエーションが豊富ですよね。

 

丈の長いのアイテム、
着用した時のシルエットの良さやバランスなど
洋服をキレイに着こなす要素が非常に多く、

 

似合うテイストにしても例えば、
低身長だとオーバーサイズのファッションやストリートテイストなど
ラフな着こなしは余計に全体のスタイルを崩してしまう心配があるので
避けた方が良いのに対して、それらのような

 

「このテイストは避けた方が無難!」

 

というようなテイストやアイテムを限定されることがありません。

 

ファッションにおいて、
高身長の人はとてもメリットが多いのですが、
実は気をつけなければいけない点もあるのです。

 

そこで今回は、
『高身長の人が失敗しない服選びの3つの鉄則!』
についてお話していきたいと思います。

 

この記事では

 

  •  高身長における個々の体型の悩みをカバーする方法
  •  さらにオシャレになれる着こなしの楽しみ方
  •  コーディネートを楽しむ工夫の仕方

 

などが参考になります。

 

高身長を活かしてもっと
オシャレにスタイリングを楽しめるように
なるようにまとめましたので、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

高身長だからこその悩み

(男性の場合は180㎝、女性の場合は170㎝以上の人が高身長の部類)

 

僕は普段、仕事で高身長のモデルさん達の
スタイリングをする機会が多いのですが、
彼らからよく聞く、一番の悩みは、

 

  • 丈が短い
  • 大きいサイズがない
  • 威圧感が出て近寄りがたい雰囲気になってしまう

 

男女共、高身長の人はこれらの悩みが圧倒的に多いです。

 

ひとくくりに高身長と言っても、
背の高い人にも様々な悩みやコンプレックスもあるようですね。

 

次はこれらの悩みに
僕がスタイリングする時にいつも気をつけている事や
アドバイスしている考え方やテクニックをみていきましょう。

 

トップスとパンツのバランスを考える

男性の場合

日本人は胴長の人が多いです。

 

背が高いからと言って脚が長いとは限らないので、
外国人の高身長モデルみたいな恰好をしてしまうと上半身の比重が大きくなって、
コーディネートのバランスが崩れ、みっともなく見えてしまいます。

 

胴長を目立たせない方法としては
腰の位置をぼかすことを意識することです。

 

「ぼかす」というのは
あえてコンプレックスのある部分にポイントを持って来る事で、
視覚的に隠したい点をカバーするテクニックです。

 

腰は足との境界線なので、
そこを上手くぼかすことで、
スタイルを良く見せることが出来るのです。

 

高身長の人のスタイリングテクニック

参照先:https://bit.ly/2TwIFib

 

シャツは裾の使い方により腰の位置を上下自由に見せる事ができます。

 

シャツをラフに出すことによって
腰の位置が分からなくなりをぼかすことが出来ます。

 

またこの時気をつけたいのは
シャツに合わせるトップスのアイテムは
少し丈の短いものを選ぶとシャツとの差により
胴長を感じさせないようにさせる効果も期待できます。

 

重ね着高身長コーデ

参照先:https://wear.jp/cuon616/12579437/

 

こちらはも基本的には同じ意味での対処方法ですが、
カジュアルスタイルの場合はカットソーなどの
重ね着のしかたで腰の位置をぼかしています。

 

この時も上のカットソーと
下に着るカットソーには若干の差をつけるのがポイントです。

 

サイズの選び方としては
ブランドの丈感によっては一概には言えませんが、
例として上のカットソーをジャストサイズ
下のカットソーをワンサイズ大きいものを選び、
3〜4cm程度の差をつけてあげるとバランスが良いように思います。

 

さらにお互いの色さをつける事で効果を高める事ができます。

 

高身長のAラインコーデ

(Aラインコーデ)

参照先:https://bit.ly/2SEL0Yv

 

参考記事:似合う服を見つけるために重要な3つの「シルエット」とは?

 

Aラインとはトップスよりボトムスの方が幅の比重が大きく、
裾に向けて広がったシルエットのことをいいます。

 

この上下のギャップがトータルのバランスの良さを作ってくれます。

 

特に高身長の人にはこのAラインが効果的です。

 

紹介しているスタイルのように
メリット活かしてトップスをぴったりサイズにして、
ボトムスは太めにしてAラインシルエットを作ってあげます。

 

そうすることによって目線が下にいくので、胴長をぼかす効果を発揮します。

 

こう言ったポイントを意図的に作って、
目線をどこに持っていくかというのは
バランスのいいスタイリングをする上で重要な要素になります。

 

女性の場合

女性の高身長コーデ

参照先:https://bit.ly/2TwcRtP

 

長めのニットを着ることによって腰の位置をぼかす効果を発揮します。

 

注意点としては、
体にフィットするようなものや、上から下まで差のないボックス的な形のものより、
裾の向かって広くなるAラインシルエットのものがより効果が高いです。

 

背が小さい人がこのニットを選ぶと
子供っぽくなってしまう傾向がありますが、
高身長の人がスタイリングすれば、
逆に大人っぽい印象を演出できるアイテムと言えます。

 

背が高い人には相性抜群のアイテムです。

 

ハイウエストデニムを使った女性の高身長コーデ

参照先:https://bit.ly/2RrsVQv

 

ハイウエストデニムで
腰の位置をあげる事によって脚長効果を発揮します。

 

このように、
インナーをパンツインしてハイウエストを強調したスタイルは
直接的に足長効果を得られます。

 

胴が長い場合は、ウエストの位置を上げて
脚を長く見せるよう、ちょっと工夫するだけで
一気にオシャレな雰囲気に様変わりします。

 

ちなみにこの時に合わせる上着は
丈の短めのものか長めの物をチョイスして下さい。

 

ジャストサイズやミドル丈はバランスが悪くなる可能性があります。

 

このテクニックは
今回紹介したカジュアルな着こなしだけではなく、
キレイめな着こなしにも応用出来るのでオススメです。

 

パンツ丈が短い場合の対処法

男性の場合

長身の人はどうしてもパンツ丈が短くなってしまいやすいんですね。

 

ほどよく足首を出して
抜け感をだす事はオシャレをする一つのテクニックなのですが、
長身の場合だと丈が短くなりすぎて少年のように幼さが出てしまいます。

 

そこを気をつけたいですね!

 

高身長の男性が抜け感を出すテクニック

参照先:https://bit.ly/2TqStu4

 

ちょっと足が出すぎだなーと感じたら、
長めのソックスでカバーすると良いでしょう。

 

この時色ものの靴下を選ぶと
抜け感が出てワンランク上の着こなしが出来ます。

 

高身長男性のキレイめコーデ

参照先:https://wear.jp/yugowear11/15777971/

 

また、選ぶパンツのタイプを選ぶのも一つの方法です。

 

カジュアルなタイプのパンツよりも
スラックスタイプのを選んで
キレイめにスタイリングすればパンツ丈が短くても
大人っぽい着こなしをする事ができます。

 

女性の場合

女性の高身長コーデ方法

参照先:https://bit.ly/2Rxa5an

 

パンツではないんですけど、
背が高い女性だからこそ着こなせる
マキシ丈ワンピースを使います。

 

マキシ丈とは、とても長い丈のワンピースのことです。

 

一着着るだけでキマるので

背の高い女性にはおすすめのアイテムです。

 

威圧感をあたえない着こなし

長身の人はどうしても威圧感が出てしまいやすくなります。

 

しかし、ちょっと着こなしを変えるだけで
雰囲気もガラリと変わり、優しい雰囲気を出すことができます。高身長男性のカラパンコーデ

(カラーパンツメンズ)

参照先:https://bit.ly/2GUTKZb

 

高身長女性のカラパンコーデ

(カラーパンツレディース)

参照先:https://bit.ly/2C2KCMn

 

色のあるパンツを履くことで柔らかい印象になります。

 

モノトーンはクールで大人っぽい印象を与えるため、
高身長の人だと近づきにくく感じる事があるかもしれませんね。

 

その為、カラーがあったり
大きなの柄があるパンツを合わせる事によってその印象を和らげる事ができます。

 

爽やかに見えませんか?

 

背の高い人って無条件でカラーパンツが似合うんですよね。

 

羨ましい(笑)

 

少しコーディネートの難易度が上がってしまいますが、
印象を大きく変える事ができる出来るので効果はバツグンです。

 

抜け感を出す

「抜け感」参考記事:ワンランク上の”男のオシャレ”が身につく!「抜け感」を作るたった3つのコツとは?

 

既存のアイテムを少し自身で
アレンジして遊びを入れる事で自分らしい着こなしになります。

 

「抜け感」なしではかっちりした印象はありますが、
遊びが少なく着せられているような感じになってしまう事もあります。

 

オシャレとは他との違いにありますので、
ほんの少しで良いので自分らしい抜け感を出す事が重要になります。

高身長コーデで抜け感を出す

参照先:https://bit.ly/2Vz0rmM

 

至ってシンプルなスタイルですが、
袖をロールアップするでけで印象は変わります。

 

抜け感というと難しく感じますが、要はこれだけなのです。

 

というよりファッション全般に言える事ですが、やり過ぎはNGです。

 

一部を少しだけ全体のイメージを崩してあげるだけで十分です。

 

これだけの工夫でスタイリングに感じる雰囲気は変える事が出来るのです。

 

高身長女性の抜け感コーデ

参照先:https://bit.ly/2R9R8v7

 

抜け感を出すだけで、
印象がガラリと変わります(良い意味で♪)

 

高身長男性の抜け感コーデ前

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

高身長男性の抜け感コーデ

上2つは先日、仕事で一緒になった
モデルの男の子(185㎝)に協力してもらった画像ですが、
腕まくりをする(抜け感を出す)だけで全然印象が違いませんか?

 

あなたが普段着ている服でも腕まくりをしたり、
ボタンをひとつ開けるだけで雰囲気が全く違ってくるので
是非試してみてください。

 

以上、

『高身長の人が失敗しない服選びの3つの鉄則』でした。

 

まとめ

高身長の人がよりオシャレな着こなしをする場合の注意点

 

  1. 胴の位置をぼかす(胴長の場合)
  2.  抜け感を出す
  3. パンツに明るめの色を取り入れる

 

この3点を意識するだけで印象がぐ~んと変わります。

 

高身長はファッションを楽しむ上でとてもメリットの高い要素です。

 

これを活かしてもっとオシャレに着こなしを楽しんで欲しいと思います。

 

ぜひ参考にしてみてくれると嬉しいです。

 

Ryo

ではまた、次回もお楽しみに!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)