低身長の男でもカッコよくオシャレに着こなせる”簡単”アウターコーディネート方法(春秋編)

僕も含め(166㎝)低身長の男にとって
カッコよく着れる洋服って何だろう?
というのは永遠の悩みだと思います。

 

例えば、身長の低い男が
チェスターコートのような
着丈の長い物を着ても
面積のほとんどをとられてしまうので似合わない。

 

じゃあ短い丈の物を選べば
身長とのバランスが取れるのでは?
と思ってしまいがちですが、
実はそういう単純な物でもないのです。

 

短い丈の物は
着こなし方を間違えると
子供っぽくみえてしまったりと難しい。

 

低身長ならではの悩みです。

 

そこで今回は、

『低身長の男でもカッコよくオシャレに着こなせる
"簡単"アウターコーディネート方法(春秋編)』

についてお話していきたいと思います。

 

MA-1

参照元:https://bit.ly/2O5wCGE

 

ミリタリーのアイテムで人気のMA-1。

 

このアイテムは基本、
ボリュームを出した作りになっているので、
着こなしは細見のパンツで合わせて
Yラインシルエットを作るのがコツです。

 

※Yラインシルエット詳細記事

 

 

参照元:https://bit.ly/2N29R9S

 

カジュアル要素が強いアイテムなので
ボトムスを黒のパンツで引き締めてあげると
大人っぽい印象になります。

 

足元は革靴で高級感を出すのがコツです。

 

参照元:https://bit.ly/2oTosWN

 

インナーはすっきりとしたカットソーやTシャツを選んで、
シュッとした着こなしを心がけます。

 

レザー

参照元:https://bit.ly/2NrYzLt

 

男の憧れのアイテム、レザー。

 

上手く着こなす事が出来れば
男らしく、ワイルドで上品な雰囲気を醸し出せます。

 

シングルタイプのレザーを選ぶ際に
意識しておいてほしいのは、サイズ感が超重要!

 

肩幅がぴったりなものを選ぶ事。

 

これを頭に強く入れておいて下さい。

 

参照元:https://bit.ly/2oRNuFD

 

パンツは細身のもので合わせて
Iラインシルエットを作ると
すっきりした着こなしになります。

 

※Iラインシルエット詳細記事

 

 

参照元:https://bit.ly/2MfpV2S

 

ダブルの場合は
どうしてもゴツくなり過ぎるイメージが否めないので、
中にパーカを合わせる良いです。

 

フードがついてる事により
カジュアル要素が加わって
柔らかく優しい印象になるからです。

 

マウンテンパーカー

参照元:https://bit.ly/2NX1poF

 

アウトドアには欠かせないアウター。

 

カジュアル要素が強いアイテムなので
インナーにシャツを合わせる事によって
バランスを取り、爽やかに着こなしましょう。

 

参照元:https://bit.ly/2N1VUbU

 

こちらも細めのパンツで
Yラインシルエットをつくります。

 

※Yラインシルエット詳細記事

 

 

参照元:https://bit.ly/2Qh2ZmX

 

デニムを使う場合は
ロールアップして、
"抜け感"を出してあげると良いですよ。

 

ジャケット

参照元:https://bit.ly/2Nrh5DP

 

ジャケットとパンツの色を合わせることにより
フォーマルな装いになって
大人っぽさが一気に上がります。

 

参照元:https://bit.ly/2wXajLS

 

参照元:https://bit.ly/2O3H0Pb

 

太いパンツを履く場合は、
インナーに丈の長いものを持ってくると
体系(低身長)をぼかすことが出来ます。

 

チェスターコート

参照元:https://bit.ly/2oRPuxz

 

こちらは上品で落ち着いた雰囲気の
チェスターコートを合わせた例ですね。

 

チェスターコートの丈は
長すぎると着せられてる感が出てしまい、
みっともないので、
必ず膝上のものを選ぶようにしましょう。

参照元:https://bit.ly/2Qd7XRX

 

参照元:https://bit.ly/2QgKZcw

 

一番上のボタンを留めることによって
美しいシルエットが出来上がります。

 

どう美しいのかというと、
体のラインが縦に強調され、
スタイルが締まって見えます。

 

以上、

『低身長の男でもカッコよくオシャレに着こなせる
"簡単"アウターコーディネート方法(春秋編)』

でした。

 

まとめ

低身長の男性が
カッコよくオシャレにアウターを
着こなす上で意識するポイントは以下の3つ。

 

  1. 自分に合ったサイズのモノを選ぶ
  2. パンツは細めのモノを選ぶ
  3. 着丈は膝上

 

この3点を意識してみてください。

 

少しでもお役に立てれば幸いです。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)